「少量メニュー」、「一人席」 新型コロナ流行で個性化飲食ニーズが激増

「少量メニュー」、「一人席」 新型コロナ流行で個性化飲食ニーズが激増。

タグ:個性化飲食

発信時間:2021-01-03 09:29:05 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

   昆明學院で先日開催された「飲食産業青書:中國飲食産業発展報告(2020)」の発表會で、世界中華料理業連合會の邢頴常務副會長は、新型コロナの流行は近年発展が好調な飲食産業に深刻なダメージをもたらし、報告が業界の自信回復、発展方向の調整にプラスになることを望んでいると述べた。


飲食業が大學生の起業の人気業界に


   報告によると、2019年の飲食業の就職者は700萬人、飲食業界全體の就業者數は2600萬人を超えた。出前、配達、流動、露店、アグリテイメントなどを含むと、飲食サービスの実際の就業者數は3000萬人を超える。


   直接的な就職のほかに、飲食業は農業、食品加工業、飲食、設備、製造業、飲食情報サービス業などの産業の間接的な就職も牽引している。


出前サイトは非常時の保障を提供


   新型コロナ流行以降、各都市の配達員は「最も親切な知らない人」、欠かすことのできない「コミュニティの仕入れ者」になった。


   報告によると、2019年、レストランのオンライン店舗開設が加速化し、サービス範囲の拡大、消費の時間の延長、オンライン出前業務の急発展が見られた。2019年のネットデリバリーの取引高は6000億元を超え、伸び率は30%以上で飲食業の平均伸び率を大幅に上回った。ネットデリバリーのユーザーは4.2億人を超え、レストランの重要な利益成長點になった。


   報告によると、新型コロナ流行により個性化飲食ニーズが激増し、飲食業の革新は新たな課題に直面している。新型コロナ流行により、飲食環境、料理の質、出前、サービスモデルなどの面に新たなニーズが生まれた。たとえば、獨身者の増加によって生まれた「一人食」経済は、新型コロナ流行で更に革新され、「1人1テーブル」「1メートル間隔」「単獨1人席」などの形式のサービスが登場した。飲食業は食事の便利性やメニューの融通性などを試み、「小さい飲食店」「少量メニュー」「ミニセット」「一人席」および他の新型飲食サービスモデルが次々に登場している。生存と発展のために、飲食企業は経済のデジタル化に対応する必要があり、中でも食材の生産元、生産方式、飲食店の場所および業態とビジネスモデルは飲食業に大きな変革をもたらす。


 

「中國網日本語版(チャイナネット)」 2021年1月3日

TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中國網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中國人編集者募集
「中國網日本語版(チャイナネット)」の記事の無斷転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

婷婷开心情五月色视频_色人综合社区_妹妹成人社区_色成人综合 <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>